グループティスディスカッション形式での面接

社会人として働いていても転職を考える人は少なくありません。

転職時の面接では落ち着いて対応しよう

グループティスディスカッション形式での面接 社会人として働いていても転職を考える人は少なくありません。新たな仕事へのステップアップが理由だったり、もっと違った職種などに興味が出る場合もあります。人間関係のトラブルだったり精神的な問題によって転職を希望する場合もあります。そんな時に新たな就職先を探し面接を受けることになりますが、この時転職は新卒よりも面接は楽だと勘違いしている人が少なくありません。確かに新卒者よりも社会人経験をしていることで常識的なマナーや、今までも仕事で得た経験を活かした即戦力としての魅力が十分兼ね備えています。ですが企業側としては簡単に採用にするというわけではありません。

転職での面接の場合も、企業は人を見定めてふるいにかけ見定める必要があります。応募してきた人全員を採用にするわけにはいかないので、その中でも企業側にとって求めている人材だけを選びたいと考えます。なので面接時にはイジワルな質問をされたり、面接官自体がとてもえらそうな態度で接してきたりする場合もあります。どんな場合でも感情だけで対応するのではなく社会人として落ち着いて対応することが重要となります。仕事だと割り切り質問に対して簡潔に答えられるような平静さを求められているという点を理解することが大切です。

お役立ち情報